イーサリアム(ETH) ロンドンアップグレードとは?

投稿者: | 2021-07-30

イーサリアム(ETH)ロンドンアップグレードに関して

イーサリアム(ETH)は、4月のベルリンアップグレードを経て、まもなくロンドンアップグレードを迎えようとしています。
7月15日のイーサリアム財団の通知によると、メインネットのブロック高が「12,965,000」に達した際に、ロンドンアップグレードによるハードフォークが実施されます。このハードフォークに伴うブロックチェーンの分岐は予定されていません。
今回のハードフォークに伴う通貨の分裂はございません。
ロンドンアップグレードの具体的な時期は、8月3日~5日の間と予想されています。

ロンドンアップグレードの注目点

今回のアップグレードは5つの「イーサリアム改善提案(Ethereum Improvement Proposals:EIP)」が含まれており、そのうち手数料モデルに関わる「EIP-1559」及び「EIP-3529」が注目を集めています。

「EIP-1559」はイーサリアムの手数料モデルを従来のオークション形式から、ネットワークの混雑具合により基本手数料(base fee)をプロトコル側で自動調整する仕組みに変える提案です。
この変更により、急な価格変動による取引手数料の変動が抑制されるため、手数料を予測しやすくなります。通常は基本手数料のみで送付できますが、マイナーに優先してほしい場合はチップ(priority fee)の追加も可能となります。
さらに、マイナーが人為的にネットワークを混雑させる金銭的動機を与えないために、基本手数料は焼却して供給量を減少させます。

画像1を拡大表示
画像2を拡大表示

「EIP-3529」もロンドンアップグレードで大事なポイントになっています。現状スマートコントラクトを取り消すと、ネットワーク手数料(ガス代)は返却されます。
当時その仕組みの設計意図は、ネットワーク内に必要でないスマートコントラクトを削除し、ネットの効率を高めるためでした。

しかし、その仕組みを利用し、ガス代が安い時にダミーデータを書き込み、ガス代が高い時にリファンドのガス代を狙うような行為が多く発生しています。
ガス代のリファンドの仕組みを制限することにより、ガス代のリファンド目的でダミーデータを書き込む問題を解決しようとしています。

その他のアップグレードは、イーサリアムネットワークをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行するための土台作りになります。

ETHの価格動向

この手数料モデルを適用後、ガス代が削減され、基本手数料の焼却(バーン)によりイーサリアムの希少性が高まることで、価格上昇を期待する声が聞かれます。

米投資銀行のゴールドマン・サックスは、イーサリアムは価値保存の手段として、ビットコインを上回る可能性があるとも述べています。
参照:https://www.coindeskjapan.com/115495/

OKLinkのビックデータによると、ETHのステーキング額は増加傾向にあります。

ステーキング額の増加は、ロンドンアップグレード及び今後のPoSへの移行計画が、ポジティブにとらえられていることを表していると言えます。

イーサリアムの価格はこちら



■注意事項
・本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘や特定の暗号資産の推奨を目的としたものではありません。暗号資産取引を行う場合には、当社ホームページ、契約締結前交付書面をはじめ各種交付書面等をご確認いただき、ご自身の判断と責任において行われるようお願い致します。
・本資料に使用されているデータは、複数の参照先を元にした過去の実績または作成時点の分析であり、マーケット環境の見通しを保証するものではありません。また、税金、手数料等は考慮しておりませんので、実際の運用状況・成果を示すものではありません。
・本資料は、作成時点で当社が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではなく、将来予告なしに変更される場合があります。また、本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
・本資料に掲載された知的財産権、その他一切の権利は当社または権利者に帰属するものであり、本資料の情報をご自身のためにのみ利用するものとし、第三者への提供、再配信、転載、配信、配布、譲渡、又はこれらに類する行為を行うことはできません。