【OKB バーン(焼却)情報】

投稿者: | 2021-06-18
2022-09-22 (New)

 

本記事では、暗号資産業界で用いられる用語「Burn(バーン)」と暗号資産オーケービー(OKB)の「バーン」情報について説明いたします。

「Burn(バーン)」は、日本語で「燃える」「燃焼する」などと訳され、暗号資産業界では「焼却」と呼ばれています。
「焼却」と聞くと、暗号資産を燃やす? と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

バーンとは?

「バーン」とは、暗号資産の流通量(流通枚数/発行済トークンの枚数)を減らす仕組みです。
すなわち、暗号資産の発行体や管理者が、市場に流通している暗号資産を買い戻し、当該暗号資産を永久に使えないようにします。
買い戻した暗号資産を誰にもアクセスできないアドレス、つまり秘密鍵が誰にも分からないアドレスに送付することにより、事実上使えないようにする仕組みです。
なお、ブロックチェーンのスマートコントラクトにより、そもそも引き出すことのできないアドレスに送付する場合もあります。

バーンの目的は?

「バーン」の目的は、暗号資産の流通量(流通枚数/発行済トークンの枚数)を減らすことにより、1枚あたりの価値を高めることにあります。「バーン」が行われると、希少性が高まり、価格上昇の期待が見込まれるため、保有者にメリットを与えることができます。

OKB バーン情報

OKBは、暗号資産取引所OKXの現物トレーディング手数料の収益のうち、約3割を用いて買い戻されています。
当初は、1週間周期でバーンが実施されていましたが、現在では3ヶ月周期で実施されており、2022年9月22日の時点で、計17回実施されました。

画像1を拡大表示

【発行枚数】3億枚
【バーン後枚数】2億5,162万7,612.06枚
【バーン済総数】 4,837万2,387.94枚(2022年9月22日時点)

OKBに関する「バーン」情報の詳細は、こちらのアドレスにて確認できます。

 


 

■注意事項
・本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘や特定の暗号資産の推奨を目的としたものではありません。暗号資産取引を行う場合には、当社ホームページ、契約締結前交付書面をはじめ各種交付書面等をご確認いただき、ご自身の判断と責任において行われるようお願い致します。
・本資料に使用されているデータは、複数の参照先を元にした過去の実績または作成時点の分析であり、マーケット環境の見通しを保証するものではありません。また、税金、手数料等は考慮しておりませんので、実際の運用状況・成果を示すものではありません。
・本資料は、作成時点で当社が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではなく、将来予告なしに変更される場合があります。また、本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
・本資料に掲載された知的財産権、その他一切の権利は当社または権利者に帰属するものであり、本資料の情報をご自身のためにのみ利用するものとし、第三者への提供、再配信、転載、配信、配布、譲渡、又はこれらに類する行為を行うことはできません。